エンジニアは専門知識だけでは通用しない

フリーランスエンジニアといえばITのスペシャリストというイメージがあります。これはあくまでの技術者のイメージで決して具体的なものではありません。必要なスキルはWindows製品を使いこなせる必要があります。一般企業ではWindows製品を業務で使用しているケースが多くあります。その企業の社員以上にWindows製品について精通していることは不可欠です。当然、即戦力として生産性も高く評価がされやすくなります。社員から技術的な質問がある場合に即時対応できることは有効です。知識としては専門業界の知識が必要です。経済活動の中でどのように「ヒト・モノ・カネ」が動いているかを理解する必要があります。この企業活動の中からフリーランスエンジニアを採用することになるのです。「金融・物流・流通・製造・官庁」などビジネスフローが異なっていて「ヒト・モノ・カネ」から利益を出すことを理解することが重要となってきます。これらの業種や業界の中で使用される専門用語を押えていることでコミュニケーション力を高めることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました